債務整理で借金地獄から脱出

  • 銀行への借金が多いときに行う債務整理の方法

    • 借金が増えてしまう原因としては、消費者金融から融資を受けたために返済ができなくなってしまうことをイメージする人が多いと思います。



      しかし、消費者金融以外にも借り入れ先としては、クレジットカード会社や銀行などの金融機関からの借り入れで債務が増えることも十分に考えられます。



      債務整理で近年行う人が増えている手続きは任意整理ですが、任意整理では弁護士などに依頼をすることで、消費者金融と直接的に交渉をして借金の元金を減らしてもらったり、利息の支払いを免除してもらうことなどを認めてもらうことになります。



      借金額が減ったことによって、支払い可能な借金額になるように和解をして、減らされた借金の完済を目指す手続きです。



      消費者金融から融資を受けているときには、過去の取引においてグレーゾーン金利による支払いをしていたために、過払い金がある可能性が高く、再計算をすることで借金額を大きく減額してもらうことが可能になります。
      ただし、消費者金融からの借り入れの場合とは異なり、銀行から融資を受けているときには法律で定められている規定内の低金利での借り入れになりますので、過払い金が発生していることは少ないです。



      そのために任意整理の交渉を行っても、借金額の減額を行うことは難しいと言えます。



      銀行からの借金が多いときに選択できる債務整理の種類としては、自己破産や個人再生を選ぶことになります。

      債務整理による借金額の減額は期待できませんが、銀行からの借金についても自己破産などの手続きを行うことによって返済義務を免除してもらえる可能性があります。

  • 関連リンク

    • 借金が増えてしまう原因としては、消費者金融から融資を受けたために返済ができなくなってしまうことをイメージする人が多いと思います。しかし、消費者金融以外にも借り入れ先としては、クレジットカード会社や銀行などの金融機関からの借り入れで債務が増えることも十分に考えられます。...

    • 消費者金融やクレジットカード会社からキャッシングを利用して、借金を重ねている人の場合には、払いすぎている金額が発生していることが考えられます。2010年に貸金業法や出資法が改正されたために、現在では利息制限法で定められている上限金利の範囲内で融資のサービスが行われるように決められています。...